空き家にしたくないならリロケーションを行なおう

期間限定の住まいを貸す

部屋

賃貸サービスの一環

転勤時にリロケーションを行うことは、現在一般的なことになっています。昔よりも賃貸として人に貸すことが簡単になり、リロケーション専門の会社もあることから短期間の不在であっても家を貸しやすくなっています。リロケーション専門会社を利用することで、借り主がいない場合の空室保証もついてくることがあります。リロケーションを依頼する敷居は低くなっているのです。もちろんリロケーションを依頼するのは転勤だけとは限らず、長期不在時ならいつでも役立つサービスです。一時的に実家に戻ることになったり、長期で外国に出かけたりなど半年以上の不在を続ける場合なら利用しやすくなっています。不在時に副収入を得たいなら、検討してみましょう。

急な帰宅にも便利な

リロケーションが人気になっているのは、同時に家の管理も任せることができるという点です。リロケーション会社は空き家を人に貸せる状態にしておく必要もあり、定期的にチェックを行ってくれます。最近では空き家管理にもお金が必要になっていますが、リロケーションのサービスを利用すれば収入を得ながら管理もしてくれるのでとてもお得です。戻ってくることになったら家も空いた状態になっていますし、急に帰って来ることになっても対応してくれるリロケーション会社も増えています。プラン内容を確認しておけば、転勤などの期間が変わる場合でも対処することができるためリロケーションを利用しやすくなります。家を出る少し前に依頼すれば、効率も良いでしょう。

外国人の賃貸住宅入居

電卓

外国人は身元が不確かで連帯保証人を立てられないことが多く、賃貸住宅に入居できないケースがあります。家賃債務保証サービスを利用すれば、賃貸経営者は外国人とも安心して契約できるため、空室を減らすのに役立ちます。

不動産を経営する

男の人

不動産投資は、金銭投資と異なって不動産を対象とした投資ですので、最終的に資産が残るというメリットがあります。投資で重要なことは万が一のリスクマネジメントですが、不動産投資であれば投資に失敗しても資産があるのでリスクが軽減されます。

マンションの2つの投資法

マンション

資産を増やすには投資が一番ですが、安定した収入を得られるのがマンション投資です。一棟投資は初期投資額が大きくなりますが、収益も大きくなります。サラリーマンはワンルーム投資が向いています。ローンで購入しても、家賃収入をその支払いに充てることができます。ローンが終わればワンルームが自分の資産になります。