外国人の賃貸住宅入居|空き家にしたくないならリロケーションを行なおう

空き家にしたくないならリロケーションを行なおう

外国人の賃貸住宅入居

電卓

家賃滞納を防ぐ

外国からの留学生や出稼ぎ労働者が増加するにつれて、その住居の問題がクローズアップされています。家主の立場から見ると、外国人は身元が確かでない場合が多く、もしも家賃を支払わずに海外へ帰ってしまったら、追いかけて請求するのは事実上不可能です。外国人は連帯保証人を立てるのも難しいため、契約を断ることになりがちです。家賃債務保証は家賃の滞納や不払いがあったとき、入居者に代わって家賃や原状回復費用を支払ってくれるサービスです。入居者からの未納家賃の回収は、家賃債務保証会社が行ないます。このサービスを利用すれば、連帯保証人を立てられない外国人とも安心して契約でき、無駄な空室を作らないで済むため人気があります。

リスク低減に貢献

外国人には家賃の支払い能力以外にも、生活習慣の違いや言葉の壁などの問題があって、契約をためらう賃貸オーナーが少なくありません。そこで、さまざまな側面から外国人の生活を支援し、トラブル防止や法律相談を受け付けている家賃債務保証サービスもあります。こうした専門性を持つサービスは、外国人特有のリスクを低減させるのに一層効果的でしょう。日本人の人口は減少しつつあることから、今後とも賃貸住宅の経営を安定させるため、外国人をはじめ高齢者世帯や障がい者世帯などの入居のハードルを下げることが求められています。家主にデメリットのほとんどない家賃債務保証は、時代のニーズに応えるサービスとして急速に普及が進んでいます。